新築のような中古マンションがオススメ!

壊れた車の買取

新築戸建てや新築・中古マンションなどのオープンルーム受付の仕事をしているので、たくさんの不動産物件を見る機会が多いです。

いつも自分が購入する事をイメージしながら、値段、立地条件、間取り、交通の便、周辺の環境など色々な面から物件の良し悪しを考えています。

 

高級住宅街の中の1億円もする新築戸建住宅などもありますが、そんな物件は買えなくても中を見ているだけで住んでいる気分になってみたり。

リビングにはどんなソファを置こうかな、カーテンよりブラインドがいいかな、玄関の壁には絵を飾りたいな、など夢を膨らませながらお部屋を見るのは楽しいです。

日当たりが良い事が絶対条件。部屋数は多いだけではなく、各部屋の大きさや位置関係も大切ですし、家族が集まるリビングが広いと、住みやすいと思います。

収納が多ければ、収納家具をおく必要もないのでお部屋が広く使えます。主婦としてはキッチンの使いやすさもチェックしたいところです。

先日担当した物件は築21年の中古マンションでしたが、全室リフォーム済みでした。

壁紙や畳だけリフォーム済みと言う中古マンションもありますが、水周りに使用感があったり、フローリングに傷があったりするのは仕方のないところ。

その点この物件は、壁紙はもちろん、カーペットをフローリングへ、クローゼットやシューズボックス、システムキッチン、洗面台、お風呂も全てリフォームされていました。

こうなるとまるで新築マンションのようです。東南角部屋日当たり良好の3LDK。交通の便も、首都圏から急行で40分の駅から、徒歩15分のところでした。

バス通り沿いのお店も多い場所で、買い物も不自由はしないでしょう。同じ条件のマンションで新築となると、お値段がグンと上がってしまいます。

この物件の様に、中身が新築のような中古マンションはオススメです。広告だけでは分からないので、まずは内覧に出かけてみましょう。