都内郊外型新築マンションのあってよかったもの、要らないもの

車買取ハウツー

新築マンションの自宅設備にしても共有部分の設備にしても、これいい!すごく気が利いてる!というもの、なくてもいいよ、その設備なくした分、価格が下がるとか、管理費が安くなるとかの方がいいなあ、というものが、やはりあった。

まずは自宅設備であってよかったものを思い出してみよう。

LDの温水式ガス床暖房、浴室乾燥機能、キッチンディスポーザー、24時間換気システム、納戸、洗濯機置場に折り戸があり、洗濯機を隠せる、洗面所の作り付けの棚が鏡貼りで、左右の扉を開けると三面鏡になる、リビングのニッチ。

ナンバーワンは温水式ガス床暖房だ。

スイッチひとつで暖めることができ、タイマー付きなので、起床時間の少し前から暖める設定をすれば、
冬の朝も快適。

ガス代が高いと言って、わざわざ石油ファンヒーター使ってる人がいたけど、火災予防の観点からも、クリーンな空気を保てるという観点からも、スイッチひとつで済むことからも、ガス床暖房が断然優れていると思う。

足下から暖かいので、身体全体が心地よく、冷え症の私には救世主と言っても過言ではない。

浴室乾燥もよかった。洗濯物をハンガー掛けで乾燥できるから、シワにならずに乾かすことができる。
こちらも使わない人は全く使っていなかった。

梅雨時、リビングに洗濯物を干してエアコンで乾かす派も結構いた。
でも、私には必須の設備だった。

せっかくの新築マンション、できる限り雑多な感じの生活感を抑えて、くつろげる家にしたかったから。

キッチンディスポーザーもありがたかった。

生魚の皮、玉ねぎの薄皮、アボカドの種など幾つかディスポーザーで粉砕できないものはあるが、生ゴミ処理がディスポーザーを回しながら水を流せば終了なのは時短家事で素晴らしい。

「どう暮らしたいか、何を優先するか。」で設備の使いこなし方も千差万別だ。

今度は共有スペースについて思い出してみよう。

ミニ売店、シアタールーム、DIYルーム、防音ピアノ室、キッズスペース、パーティーできるキッチン付きルーム、親戚や友人が宿泊出来るゲストルーム、可燃ごみを粉砕して貯めることができる大型ダストマシーン、宅配便受け取りロッカー、滝のある公園。

設備でなくサービスだけど、フロントでクリーニングを利用できた。

ナンバーワンは、ゲストルーム。

遠方から来てくれる両親が、夕食を一緒に楽しんだ後は、ゲストルームに入室して、気兼ねなく休めるし、何かあってもすぐに行ける。

大型ダストマシーンも大変お世話になった。随時可燃ゴミを投入したら粉砕してくれる。自宅もマンション全体もごみを視界から無くすことができるのは素晴らしい。

必要ないな、と感じたのはシアタールーム。予約したり、飲食NGは実際には面倒だなと感じた。

現在私は、地方都市の戸建てに住んでいる。家を建てる時に絶対外せなかった設備は、温水式ガス床暖房。

今度はキッチンの一部にも床暖房を設置した。真冬の朝、本当にありがたい。
マンション生活の経験を活かすことが出来た。

毎週末は楽しいマンション選び

車検ハウツー

週末は家族でマンション探しをするようになりました。

子供達が自分の部屋を欲しいというようになり、もうすぐ小学校高学年になるので、そろそろ一人部屋も必要かのと思い週末は新築や中古など一戸建てとマンションを色々と見ることにしました。

一戸建ては駐車場もも付いているので良いな〜とも思っていたんですが、セキュリティを考えるとマンションの方が安全だろうと思い、マンションを中心に物件探しを行うことにしました。一戸建ては駅から少し離れているので、毎日通うのも大変だなと思うようになりマンションに決めました。

駅隣接しているところもありますし、雨の日や悪天候の時など駅から近いと雨に濡れる心配もなく安心して帰宅することができます。

総合的に判断して住宅選びはしっかり行った方が良いですし、安心できる住まい探しをすることで安定した日々を過ごせるようになります。

週末は家族みんなで物件探しをするようになってから、何箇所か気に入ったマンションがあったんですが、やはり他の方も気に入った物件なのですぐ申し込みをしないと完売になるんです。何

度かそういった経験があったので、気に入ったマンションを見つけたらすぐ内金を収めて手続きした方が良いと感じるようになりました。

住みたい駅は絞り込んだので、その周辺にある新築マンションを探してみることにしました。

色々と物件情報も入手してみたんですが、やはりピンときた物件は他の方も好みのようで、早めに行動し気に入った物件をいち早く探すことは大事なことです。

子供がいずれ自分達の部屋を持つようになるので、仕切りが手軽にできるようなところを探したり、いくつか子供達の要望も取り入れて物件探しを行うようになったので、週末のマンション探しは、ちょっとした楽しみになり、親子で意見を言いを習いながら探しています。